【ネタバレ】ドラクエ8のストーリーを5分で解説!

ドラゴンクエスト

どうも、マサです。

今回は、「ドラゴンクエスト8」のストーリーをダイジェストで解説していきたいと思います。

ドラゴンクエスト8といえば、

  • ドラクエシリーズで初めての3Dグラフィックを採用
  • ソフト売上げ総数が国内で370万本と当時のプレイステーション2では歴代最高の売上を記録

と、シリーズでも大人気の作品です。

  • ずいぶん前にプレイして忘れているから、軽く振返ってみたい
  • プレイしたことないから、ストーリーの流れだけでも知っておきたい

さいごまで見ていただけたら、ストーリーの流れをサクッと理解できると思いますので、ぜひ楽しんでいただけたらと思います。

スポンサーリンク

動画でも紹介中!

この記事の内容は、以下の動画でも紹介しています!

【5分で丸わかり】ドラクエ8のストーリー ダイジェスト形式で解説!【ネタバレあり】
スポンサーリンク

ドラクエ8 ストーリー解説

主人公の旅立ち

物語はある王国の時間が止まったところから始まります。

王国の名は「トロデーン王国」。

国王のトロデとその城の王女ミーティアによって、王国は平穏な時を過ごしていました。

ところが、そんな平穏な時に突如として現れたのが道化師「ドルマゲス」

ドルマゲスは、トロデーン城奥深くに眠る杖の封印を解き、

その杖を使うことで、

  • 城の者たちをイバラの姿へ
  • 国王は魔物の姿
  • 姫は馬の姿

へと変わる呪いをかけます。

その城に仕えていた主人公は、奇跡的に呪いにかけられずに済みます、

王国の呪いを解くべく、王と姫と共に冒険に出かけます。

仲間たちとの出会い

道中の吊り橋で、オラオラ系の元山賊ヤンガスに襲われてしまいます。

が、一行は何とかその場を回避。

逆に吊り橋から落ちそうになるヤンガスを、主人公が助ける形となり、

恩義を感じたヤンガスはそのまま主人公の子分となります。

 

そこから一行はリーザス村へ。

そこではドルマゲスによって兄を殺された魔法使い「ゼシカ」と出会います。

「お前の信じた道を進め」

兄が最期に残した言葉を胸に、

憎き相手ドルマゲスを探すため、ゼシカは一行の仲間になります。

 

そして一行が向かったのはマイエラ修道院。

そこでは聖堂騎士団の問題児ククールと出会います。

しかし、そこでもドルマゲスが現れ、修道院の院長オディロが殺されてしまいます。

孤児であったククールを引き取りここまで育ててくれた恩人です。

恩人を殺された相手を探すべくククールも一行の一員となります。

因縁の相手との対決

そして舞台は「闇の遺跡」と呼ばれる古びた遺跡に場所を移します。

激闘の末、ついにドルマゲスを倒すことに成功します。

 

しかし、トロデ王とミーティア姫の呪いは全く解けませんでした。

 

さらにその時、ゼシカがドルマゲスが落とした杖を拾ってしまい、

突如として姿を消してしまいます。

 

手がかりは北へ向かったとだけ。

裏に潜む黒幕の正体

一行は北にある街リブルアーチへと向かいますが、何やら騒がしい様子。

 

大呪術師ハワードの屋敷で騒動が起きているとの話を聞き、屋敷へ向かうと…。

なんとそこには姿を消したゼシカが杖を持って、

ハワードと側近のチェルスを襲っていました。

 

明らかに様子のおかしい闇落ちしたゼシカ。

そんな彼女の暴走を主人公たちはなんとか止めます。

 

杖を手放したゼシカは、我を戻します。

そこで杖の中にいるある者に操られていたことを告白します。

その名は「暗黒神ラプソーン」。

 

今は杖のなかに封印されているが、

世界にいる七賢者の末裔を殺すと、再び復活することが判明します。

 

ゼシカの兄やククールの恩人もその七賢者の末裔だったわけです。

レオパルドとマルチェロの暴走

そんなけったいな杖を今度はハワードの番犬「レオパルド」が拾ってしまい、

さらに七賢者の命を奪いに行きます。

 

主人公たちも何とかその目論見を阻止しようと試みます。

しかし、番犬から次に杖が渡ったのがククールの兄「マルチェロ」。

修道院を乗っ取るべくラプソーンと手を組んだマルチェロは、

最後の賢者の末裔「法皇」を殺します。

黒幕との対決

そして七賢者の末裔全員の命が奪われた瞬間、

世界にラプソーンが復活してしまいます。

完全復活したラプソーンと戦うには、

当時封印した七賢者と神鳥レティスの力が必要になります。

一行は七賢者の魂が眠るオーブを集め、そして神鳥レティスから、

「神鳥の杖」を授かります。

 

「神鳥の杖」とは、

四人同時に祈ると、オーブに眠る賢者の力を一人ずつ目覚めさせ、

7人全員が目覚めた瞬間、ラプソーンにまとったバリアを剥がす杖です。

 

一行は神鳥レティスの背中に乗り、魔王ラプソーンと対峙。

七賢者、そしてレティスの力を借りることで、ついにラプソーンを倒します。

ラプソーンを倒したことで、トロデーン王国にかけられた呪い、

トロデ王とミーティア姫も無事に人間の姿へと戻ることが出来ました。

 

そして物語は後日談へ…。

エンディング

舞台はミーティア姫の結婚式。

 

ミーティア姫は、隣国の王子チャゴスとの婚約が決まり、

その結婚式が執り行われようとしています。

しかし、このチャゴス王子は評判が悪く、

主人公一行も以前交流が会った時に、散々な目にあっています。

 

ミーティア姫も

「あんな王子と結婚するぐらいならお馬さんのままのほうがよかったくらい。」

と嫌で仕方ない様子。

 

それを見かねた主人公は姫を結婚式場から連れ出し、

最後は王と三人で談笑しながら、彼らの物語に幕が閉じます。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。

ドラゴンクエスト8は、人気の作品ということもあり、リメイク版も登場し、より深く楽しめる作品となっています。

まだあそんだことがないかたは、ぜひ、手にとって冒険の世界へと旅立っていただけたらと思います。

「YouTubeチャンネル(ドラクエ愛好会)」でも、

ドラクエに特化した情報をお伝えしていますので、ぜひそちらにも遊びに来ていただけたらと思います!

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

タイトルとURLをコピーしました