【ドラクエシリーズ】お兄ちゃん大好きのブラコン妹5選!兄への愛が強い彼女たちのエピソード集

ゲーム攻略

ブラコン好きのみなさま、こんにちは!

 

今回は、ドラクエシリーズのなかで登場してくる

「お兄ちゃん大好きのブラコン妹」

を5人ご紹介していこうと思います。

ドラクエシリーズをやったことがある方なら、自分がお兄ちゃんの気持ちになって冒険を進めていたんではないでしょうか。

今回の記事では、

  • ブラコン妹たちの性格
  • お兄ちゃんっ子たちのほほえましいエピソード

を詳しくご紹介していこうと思います。

 

ドラクエシリーズをやったことがない方でもぜひ楽しんでいってくださいね!

というわけで、早速みていきましょう。

(ネタバレ込みで紹介しますので、そこはご了承を!)

スポンサーリンク

動画でも紹介中!

この記事の内容は、下記のYouTubeチャンネルでも紹介しています!

【ドラゴンクエスト】とにかくお兄ちゃんが大好きなブラコン妹5選!

 

スポンサーリンク

【ドラクエシリーズ】ブラコン妹5選!

  • DQ6 ターニア
  • DQ11 マヤ
  • DQ8 ゼシカ
  • DQ7 リーサ
  • DQ5 女の子

DQ6 ターニア

まずご紹介するのは、歴代シリーズで大人気の妹「ターニア」。

彼女は、1995年に発売されたドラゴンクエスト6に登場する主人公の妹で、歳は1つ下の16歳です。

 

彼女の容姿は、最初の村「ライフコッド」の中でも男女問わず美人としてとおり、

村のお祭りでは「神の使い」という大役をやるほど、みなに愛されているキャラクターです。

そんな彼女は、主人公の本当の妹ではなく義理の妹として登場します。

ただ、血は繋がっていなくとも、いつも自宅を暖かくして律儀に兄を待ってくれている、

まさに天使のような存在ですね。

 

特に、お兄ちゃんである主人公が冒険で疲れた時は、いつもの明るいセリフで、

「おにいちゃん疲れているんでしょ。少し休んでいく?」

といつも気を遣ってくれます。

 

こんなターニアちゃんの天使のような対応に、世の男性冒険者は間違いなく虜にされたことでしょう。

マサ
マサ

こんな妹が自宅にいたら、たまりませんね。

 

普段のセリフから兄への愛が溢れている彼女ですが、

彼女の愛の言葉が聞けるのが、最後のエンディング。

それは、ラストの魔王討伐後、主人公の本当の生まれ「レイドック城」にて宴が開催された際。

レイドック城へお呼ばれした彼女は、王子である兄に対して

「お招きありがとうございます、王子様」

とちょっとよそよそしい他人行儀の感じになります。

プレイヤーとしてはこの対応に少し寂しい気持ちになりますが、

そんな彼女に、選択肢として「いいえ」と答えると、

これまで胸の内に留めておいた愛の表現を言葉に込めて、

「お兄ちゃん大好き」

と大胆に告白してくれます。

マサ
マサ

ターニアちゃん、かわいすぎる…。

このセリフでまさにお兄ちゃん大好きの代表格となった彼女。

これからも世の妹好きの紳士たちを癒す存在として君臨することでしょう。

 

DQ11 マヤ

最新作ドラゴンクエスト11に登場する、主人公の相棒カミュの妹で、年齢はおおよそ12歳前後です。

服装は、ショートパンツにへそ出しと、見た目はかなりやんちゃな印象があります。

そんな見た目通り、彼女はかなり強気でわがままな性格であり、さらに一人称は女の子のなかでは珍しい「俺」。

 

兄のカミュとは幼い頃から男社会のバイキングらに育てられたこともあることから、

自身のことを「俺」と呼ぶようになったようですね。

 

実際、口調も男勝りで、兄のことを「兄貴」「バカ兄貴」とかなり上から目線です。

さらに、世話になっているバイキングからモノを盗む癖もあるために、カミュを困らせたりしています。

 

しかし、そんな兄に対していつもいい加減なのかというと全くそういうことはなく、本当はかなりのお兄ちゃん大好きッ子なんですね。

というのも、彼女の思い描く将来の夢は「兄と一緒に世界中にあるお宝を見つけること」。

夢として「兄と一緒に」って思い描いているあたり、かなりのお兄ちゃん好きが出ているんですね。

さらに自身の誕生日で兄からネックレスをプレゼントされた際は、

兄の前では「こんなもんかよ」ってツンツンと悪態をついています。

ですが、陰では大事そうに胸に抱えて、かなり喜んでいるんですよね。

マサ
マサ

まさにツンデレな妹です…笑。

さらにさらに、普段だと「兄貴」と強気に呼びますが、

自分がピンチになると、「おにいちゃん」とか細い声で甘えてきます。

マサ
マサ

いやもうこれは、ギャップ萌えですよ…。

自身が魔王ウルノーガの手下になってしまった時は、最初こそ助けに来たカミュに対して、「バカ兄貴」と罵倒していました。

しかし、自身がピンチに陥った時は、「おにいちゃん」と頼りまくり、最後は無事に救出されます。

 

まさにヒロインのような扱いですね。

 

普段は横暴で強気な彼女ですが、やはり最後には兄に甘えるあたり、

お兄ちゃん大好きそしてツンデレキャラとして、これからも萌えるキャラクターになることでしょう。

DQ8 ゼシカ

ドラゴンクエスト8に登場するパーティメンバーの一人で、優秀な魔法使いとして主人公一行の冒険を手助けしてくれます。

見た目は、かなりセクシーな衣装を身にまとい、歴代シリーズでもダントツのお色気キャラとして君臨しています。

どの人気ランキングでもトップ5には位置する大人気のキャラクターですね。

性格自体は強気で真面目であり、主人公たちのなかでも常識のあるメンバーとして彼らを引っ張ってくれます。

 

と、ここまで普通の人物紹介となりましたが、

実は彼女もまたお兄ちゃん大好きのれっきとした一人です。

 

彼女の兄「サーベルト」は、真面目で誠実な性格で、どんな人にも思いやりのある人でした。

残念ながら、道化師ドルマゲスの手によって命を落としてしまいますが、

ゼシカ本人も、幼い頃から唯一心を開いた相手として信頼し、そして彼を尊敬していたのです。

 

亡くなる兄からの最期の言葉、「自分の信じた道を進め」と悟られた時は、

母であるアローザの意見に真っ向から反論し、

そして兄の仇を討つために、主人公一行の旅へと同行します。

彼女にとって兄サーベルトの言葉は背中を押してくれる、心強い味方なのです。

 

主人公には兄の面影を追っており、主人公に対してはかなりの好意をもっています。

PS2版ではミーティア姫としか結婚できませんでしたが、3DSのリメイク版だと彼女の結婚イベントが追加され、

その際に「サーベルト兄さんの面影を重ね、だんだん好きになっていった」と告白しています。

結婚相手にも兄の面影を重ねるあたり、やはりお兄ちゃん大好きッ子が出ていますね。

 

さらに、主人公と共に兄の昔話にも浸ることがあり、どれほど兄への愛を見せるんだというシーンもたびたびあります。

サーベルト兄さんはホントに幸せ者ですね。

マサ
マサ

ただ、彼女のセクシーな衣装やおいろけスキルにはどう思っているのでしょうかね…笑。

これからもサーベルト兄さんの言葉のように、自分の信じた道を進み、彼女らしく道を切り開いてほしいものです。

DQ7 リーサ

ドラゴンクエスト7に登場するキーファの妹で、グランエスタード国の王女です。

幼い頃から身体が弱く、基本的には部屋に籠っているまさに箱入り娘な彼女ですが、

兄のキーファが色々と冒険に出かけるのを応援してくれる唯一の理解者と言えます。

 

そんな彼女ですが、こちらから話しかけてみると、

必ずと言ってもいいほど「お兄様、お兄様」と発言し、

セリフからすでに兄への愛が溢れかえるほど兄が大好きな妹なんです。

  • 「兄が体験した外の世界の冒険を直接聞きたい」
  • 「毎日話してワクワク過ごしたい」

彼女は、兄がそばにいる世界こそが自身にとって当たり前だと思っています。

 

しかし、そんな彼女の平穏な日常を奪われてしまうのが兄「キーファ」の離脱。

プレイヤーにとっても戦力として痛い離脱になりますが、彼女にとっても精神的な苦痛を負わされることになります。

 

主人公一行から

「兄とは二度と出会えない」

という事実を知らされた時。

「お兄様とはもう会えないのね…。」と何度もつぶやき、そして自室で泣いてばかりになります。

 

さらに、城の使いからの話で、これまでだと残さず食べていた食事を、

キーファが消えてから、食事のほとんどに手を付けないくらい食欲が失せています。

 

さらに、新しいパーティメンバーとしてメルビンを加入させた後に彼女に話すと、

「新しい仲間が増えたら、あなたたちがいつかお兄様のことを忘れるんじゃないかって…」

と、兄がいないパーティメンバーに対してまで冷たい態度をとってきます。

マサ
マサ

こっちとしては、忘れたくても忘れられないんだよ…笑

これほどお兄ちゃん大好きの妹に、「キーファが戻ってこない」と告げるのは、プレイヤーにとってもかなりキツいイベントですし、

その後のメンバーに対して僻んでくるあたりよほど追い込まれているんだと、かなり辛いのを感じます。

マサ
マサ

ここまで兄を慕っていたとは…。

ただ、兄の子孫であるアイラを仲間にして話しかけると、

「お兄様の気配がする」と狂気じみた発言をし、

プレイヤーとしてもここまでくるとちょっと引き気味になります。

 

最後あたりは、アイラを心配し、自分のそばに居て欲しいと願う一方、

「もっと強くなる、いつまでもお兄ちゃんっ子じゃ笑われてしまうから」

と気丈に振る舞う強い意志も見せてくれます。

 

最愛の兄キーファはもう戻ってこないけど、最後あたりにだいぶ吹っ切れたかなと思えるあたり、

彼女も兄のように新しい目標に向かって強く生きてほしいものです。

マサ
マサ

種泥棒さんのことなんか忘れてしまおう…笑

 

DQ5 女の子

ドラゴンクエスト5に登場する主人公と奥さんの間に生まれる双子の妹で、年齢は8歳ほど。

主人公の王国「グランバニア」の王女としての身分からなのか、主人公夫婦にはときおり語尾に「です」「ます」と丁寧な言葉遣いを使います。

 

さらに魔法使いとしてもかなり優秀で、主人公が石にされた時は、

石化を解く「ストロスの杖」で助け出してくれますし、その後はパーティメンバーとしても活躍してくれます。

 

そんな彼女ですが、やはりこの子もお兄ちゃん大好きの妹の一人です。

普段は兄のことを「お兄ちゃん」と呼びますし、主人公が結婚した街「サラボナ」において、

主人公夫婦の馴れ初めを聞いたときは、

「わたしも結婚したい、お兄ちゃんと!」と兄である勇者へさらっと告白します。

 

さらに、別の女の子が兄に「結婚して」とアプローチされた時には、

「私がお兄ちゃんのお嫁さんになる」

と、強く反発するくらい彼女は兄に惚れまくっています。

 

ただ、幼い頃の女の子って父もしくは兄と結婚したいと願う人がいるなか、

大きくなってからそれを黒歴史として認定している人もいます。

 

そんな例にならわず、彼女がこのエピソードを自身の黒歴史にしないよう願うばかりです。

マサ
マサ

大人になっても兄のことは大好きでいて欲しいものですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回はお兄ちゃん大好きの妹5選としてご紹介してきましたが、妹好きの方々にはかなり魅力的な内容だったのではないでしょうか。

YouTubeでも、

  • ドラクエの攻略情報
  • キャラクター紹介
  • 小ネタ

などなど、「ドラクエ愛好会」として活動していますので、ぜひ遊びに来ていただけたらと思います!

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました